サンスベリアは乾燥に強く、頻繁な水やりは必要ないです。また、空気を浄化できるメリットもあります。

サンスベリアが人気の理由

サンスベリアが人気の理由

サンスベリアが人気の理由 部屋の観葉植物としてサンスベリアを育てる人が増えています。この植物のメリットは乾燥に強いので、頻繁な水やりの必要がなく簡単に育てられることです。しかも手入れが楽なのに空気を綺麗に浄化するというメリットもあります。

育て方のポイントは、サンスベリアは気温が高くなると生育が活発になります。そのため5月〜9月は置き場所を屋外にするか、日当たりが良好な室内に置くことがおすすめです。10月以降は気温が下がってきますので、寒さ対策のために室内の日当たりの良い場所が最適です。水やりのポイントは、水をあげすぎないことです。あげすぎると根が腐ってしまうので、水やりは1ヶ月に1度、土の表面が完全に乾燥しているのを確認してから、鉢から水が流れ出るくらいにたっぷりと与えます。冬場は休眠期に入りますので水やりはしなくても大丈夫です。生育期に液体肥料を数回あげるとより元気に成長しますのでおすすめです。この植物を育てることのメリットは、部屋のインテリアとしての見栄えが良いことと、害虫がつきにくいこと、空気を浄化してくれるので身体に優しい植物であることです。多くの人が観葉植物として育てているのには、このようなメリットがあるからなのです。

Copyright (C)2014サンスベリアが人気の理由.All rights reserved.